プロフィール
★★★BODYKISS★★★
★★★BODYKISS★★★
ブラクリ丁、フォルテワジマさんから入ってすぐ右側に移転オープン
ニューアイテム入荷など、最新のお洒落情報を更新!
ブラザートムに似たちょい悪おいやんと、
かわいくセンスよく愛想のよいショップ店員により更新します!
お得情報なども更新するので、
和歌山のお洒落さんは絶対CHECK!!!!
電話 073-499-4445
火曜定休日
ミクシィページはこちらです BODYKISS mixiページ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ

2017年11月01日

★和歌山北港魚釣り公園紀州釣り 一番美味しい外道

I君の釣果



ワテの釣果


沖いく貨物船


台風大雨の水潮が心配で紀の川河口青岸から先日に続き公園に
アメリカ雑貨店オーナーI君と幼馴染の元校長先生で紀州釣りに。

前日にマックスでヌカ配合。ヌカ砂比率は色んな意見があります。
ユーチューブなんかはほぼ餌や協賛なんでヌカでなくて主体まで
配合粉なんでヌカ砂など登場しません。「まずは紀州マッハ、紀州釣りの元」などと
のたまっています。都会で米ぬかや砂など簡単に調達できないのかもしれません。
最近ワテは8:2ぐらいが使いやすいです。公園みたいにちょい投げで12mの深い場所と
浅いとこでは変える必要も。名人動画などではパサパサに仕上げ握る回数で割れる時間を調節と言ってますが
25回って簡単に言うけどしんどいです。ワテは砂、水多い目でアミで粘りだし7,8回しか握りません。
公園は特に横流れがきつく、底石なのですぐに割れる団子でないと底コロコロ転がり敷石割れ目に入り
根かかりします。団子で魚をじっくり寄せるセオリーは通用しません。投入回数を増やすのが釣果を左右します。
だいたいワテは這わせずに20cmほどきります。エサ取りには投入場所とエサで対応します。

能書きは以上で朝一は茶色水潮の最悪2枚潮で2時間辛抱タイム。
少し緩み色もグリーンに変わったとこで本日ダンゴつり3回目のI君の竿満月。
焦ってしまいクレーン巻でハリス切れ。その後コツ飲み込み3連発でチヌゲット。
ワテもぼつぼつ釣れ出し、結構な引きで上がってきたのは30cm弱マルハゲ。
これはチヌグレタイスズキどの魚よりうれしい。ヒットエサはボイルでした。
焦る大先生もなんとか2枚ゲットでめでたしめでたし。
このベスト時期潮が緩くなるときに集中すれば釣れます。11月いっぱいはチヌグレアイ楽しめますよ。

ハゲは薄皮も引いて薄つくりにし、キモは包丁で筋を丁寧に叩いて肝醤油。
ネギ散らせて冷酒が進みました。ワテは海産物NO1の味だと思います。
大袈裟かと思われますがアワビ、ウニ、エビなんかの比ではなく旨い。
川かにのズガニが双璧かと思います。
  

Posted by ★★★BODYKISS★★★ at 14:58Comments(0)釣り

2013年05月09日

★日置沖磯平八の磯釣

昨日休みまたまた懲りもせずに時間と労力と金の無駄使いに朝3じから行ってきました。
目的地は日置の平八 ここはほとんど地磯ながら潮通し抜群の1級磯だ。
フカセ、カゴ、底物と何でも出来る日置の人気ナンバーone。
前日に釣友の底物師さんにいつも作戦で電話予約を入れてもらう。
「底物と上モノ2人やりたいんやけど、平八行ける?}
ここの底物ポイントはあと大島と地の長嶋ぐらいしかないので、
だいたいOKの返事。磯は予約制ではないが、大体のところこれで思うポイントに乗れる。

朝自宅でタカちゃんの到着を待つ。約束時間5分10分と来ない。
たまらず底物師さんに電話「たかちゃん来ません、電話も出ません」
「もう少し待ちましょう」ってことで待つが音沙汰なしface10
もしものことが心配でたかちゃん自宅付近まで車で迎い周辺を見回るが
救急車も警察もいないのでちょっと安心face01face04寝坊だと確信し2人で出発
もう1番船は間に合いそうもないなと思ってると、底物師さんエンジン全開ik_34エサに寄って1時間20分で日置到着。

ギリギリ飛び乗り出港。前日の暴風の風波が残りウネリもある。
ザ底物さん3人(磯釣してる人はわかると思いますが、ハチマキ姿のいかにも;;ですって感じ)を
大島に降ろし、波のかぶってるセイダエモンに釣太郎の店長を降ろし平八にicon16
ワテは船着に底物師さんは北向きポイントへ分かれる。
いつもの乾杯と朝礼は実施「今日も1日安全にせいいいっぱい楽しみましょう」ik_11

朝は生体反応なしが続くが、エサ取りのチョウチョウ魚でお出まし。たまにコッパ尾長が。


底物師さん風のため50号オモリでぶん投げる


すぐに風は暴風に変わり立っていられないぐらいに


たかちゃんからも「爆睡してしまい申し訳ありません」電話もあり安心。

このあとおっきなサンの字さんともっとおっきなイズスミさんが釣れて終了。


今回はイズスミさんを南紀名物のタキタキで食べてみようとキープ。
ちょっと遅いかなと思ったが船長の「いけラ」の一言で今晩挑戦してみます。
  

Posted by ★★★BODYKISS★★★ at 15:35Comments(2)釣り

2013年03月13日

★南部堺の磯釣遠足 ラストグレ

またまたマナミンVを置き去りにしていつものメンバーでラスト寒グレ釣りに南部堺にik_34
近頃ずーっと枯木灘方面のあちこちに浮気してたもんで、
周参見に綺麗なネーチャンぎょうさんおると聞けばスケベづら下げてオッサンすっ飛んでいきicon07
日置にグラマーな金髪が頻繁に出没と聞けば夜討ち朝駆けik_83
しかしその度中途半端半端な結果で消化不良にicon15
もっと油の乗ったグラマーギャル入れ食いのはずが裏切られface07

戻ってきました本妻のもとへ。こんな浮気者を情け深く受け入れてくれるか南部堺のヤナギ磯
メンバーはいつもおじさんたち。
朝一のお客は私たちだけという幸運のスタートicon14
一瞬「それだけ釣れてないってこと」と頭よぎるが ポジティブおじさんたちは希望の磯に行けると
テンションが上がる。大潮の朝満潮でほぼ海面いっぱい地面が出る感じ。
鉄のテーブル(ウマと呼ぶ)を借りて荷物を乗せる。また波のキツイときはこれに捕まって身を守る。

で結果はまたまた中途半端な結果に

 

この方新調のがまかつ竿を折ってしまいました残念face07




 


この方40cmオーバーゲットで紀州のグレ保存会をめでたく脱退しました。


 

















この方中途半端な大きさを中途半端な数釣りました


エサはボイルでも生でもどちらでもええって感じ。餌取りもほどんどなし。
棚は2~3ヒロでハリスも1.5号から2.5号どれも同じ。
40オーバーは2.5号に食いつきました。

ということで何とか本妻にも許しを乞え春はデカチヌの入れ食い期待で
堺に通います。
それよりずっと大きく難しい仕事の問題抱えてるんやけどな
どないしょ どうにかなるさケセラセラで乗り切ろうface02
  


Posted by ★★★BODYKISS★★★ at 12:54Comments(4)釣り

2013年03月02日

★雨嵐予想の中、磯釣に行く

またまたダイエー閉店売り尽くしセールの中
店をスタッフまなみんV一人にして釣に出かけましたik_34

天気予報では昼からは南から強風で大雨、しかも海は大荒れ予想ik_84
昔と違い今の予報は時間まで当たりますから間違いなく最悪コンディションicon03
経験上、日本海に低気圧が入ると和歌山の海は100%南風が吹きうねり荒れます。
しかも、和歌山中の渡船屋さんは全部休船とネットに出てます。
しかしここは釣り歴30年の知識、白浜や串本の湾内以外で釣り可能な渡船屋を知っていたのですik_73
それはいつもよく行く日置川河口の磯です。
ここは25年程前に台風の中きたことがあってどこからの風でも平気なのです。

今日のメンバーはいつものダイエーの釣キチ三平こと底物師さんと磯釣初参加のダイエー副店長のタカちゃんさんです。
いつもの餌屋でエサを混ぜてると店員が「今日はどこも船でやんど」と声かけてくる。
「お前知らんのか」と思いつつも「そういうのはエサ買う前に言う事やろ」と本気でつっこみたくなるが
ここは我慢。まあここは高いので違うとこで買ってここで混ぜるだけやから、許しといたろ。




釣り場到着。同じ考えの人2名あり。皆河口に渡る自分たちはヘソというポイント。
南がわ後ろが山でやはり波なく風なしコンディション、しかしスバリを引こうものなら木の枝を100%釣る場所。
また川の流れと潮の流れが一致しないので2枚潮がいつもでマキエワークもコツがいる。
今の時期の辛抱の釣りで何とか35cmグレ2枚キープ。外道は80cmのボラ多数でタモ入れが大変でした。
帰りは御坊あたりで前見えない豪雨で怖かったですicon03
  

Posted by ★★★BODYKISS★★★ at 17:28Comments(3)釣り

2013年01月17日

★初釣りは周参見の黒島で大漁だ?!

スタッフが一人でダイエー閉店セール頑張ってるさなか
初釣りに行ってきましたik_34

メンバーはいつもの底物師さん(寒の時期だけグレに浮気する)と30年来釣友で万年初心者のT氏と
ミク友のおきさんです。
前回お世話になったすさみの赤木渡船で初釣り
途中田辺のF釣具店でオキアミ購入(マイナーなこの店有名T太郎よりかなり安い)
私は生とボイル1枚づつ底物師さんボイル2枚購入し
待ち合わせ場所の白浜のT太郎到着そこでおきさん、T氏と合流し集魚材を混ぜ合わせる。
人はめちゃ多い。やはり天気が抜群予想なのと初釣り時期と重なったからだろう。
一番安い集魚材とパン粉をチョイス 低水温でもなるべく魚を浮かせたいから。
今主流のウキ沈め釣りは苦手face07
竿先で当たりをとり合わせるのですが、何匹かは釣ったことあるのですが、どうもしっくり来ずまた
視覚的に(ウキがスッパと消える醍醐味)がないので私はほぼやりません。
人に言わせると「この時代それぐらいせんとすれた魚喰わんで」って言いますが
そこまでして釣らんでもと思ってしまう時代遅れな私です。

本日の仕掛け竿はダイワの1.5号道糸3号ハリス2.5号直結ウキBです。

まずは恒例の朝の清めの乾杯
渡礁のとき船頭から裏が釣れてるとのアドバイスがある
ここはボウズ続きの今年に入って3回目釣行のおきさんと人生の先輩の底物師さんに裏を譲り
T氏と船着に入るすぐに二人ともマグレで釣れる。

その後誰も釣れず長い沈黙だけが続く。
上から水中が見えるがこの時期の定番トウゴロイワシしか反応なし
見回りの船から「水温下がったから深いタナでやってよー」のアドバイス
こっちは百も承知でやってるちゅうねん。たまらず掟破りのカゴを取り出し、
第一投で棒ウキがスパーっと消える思い切り合わせるとガツンとのる。
シメシメと寄せにかかるが残念のハリ外れ(かなりの大型魚だった)
その後当たりなくなりカゴ釣りすぐに飽きてフカセに戻す。
午後1時ころ水中ウキと極小アタリうきのコンビで4ヒロであたり35cm追加で納竿。
おきさんは執念で50cm級のイズスミとサンの字釣り上げました。
ガシガシ引いてましたが上手な竿さばきとがまかつの新作竿で割合スーっと浮いてきました。



全体に釣果も良くない渋い1日に当たりましたが、それなりに楽しい時間を過ごせました。  


Posted by ★★★BODYKISS★★★ at 18:55Comments(2)釣り

2012年11月29日

★笠甫 磯のグレ釣り 美味しいオマケゲット!

昨日大人の遠足行ってきましたik_34
いつもの底物師さんと荒れ後の南紀の磯にイソイソと朝のはよからゴソゴソ起き出し4時出発icon14
今日のコンデションは水温バッチリ、荒れあと、波風なし、気温問題なしで最高ik_73
あとはもう爆釣りあるのみで期待感100%
本日も前回成功した「底物1人いるんやけど作戦」実行
磯釣りする人にはピンと来ると思うのですが、石鯛などの底物釣りはポイントが命まず場所なのです。
やれる場所磯が限定されてしまうのです。グレ釣などですと言わばどこにでも行かされるかもしれないのです。
特に馴染みでない船頭に「上モノ2人」とか言うととんでもなく釣れない場所に渡されてしまう場合も少なくないのですface07
「潮が悪かったなあ」で済まされてしまうのですが、底物師は石鯛がいるポイントには最低連れってくれます。
また底物ポイントがある磯は上モノの1級ポイントである場合がほとんどなのです。
そこで前回すさみで成功した「底物1人いるんやけど作戦」実行

ここ笠甫は大昔会社員の頃わりと通いました。
その頃は歯の抜けたおじいちゃん船頭で「フガフガどこでも釣れるでフガフアガ」って感じで
釣客もめっちゃ少なくほんまのんびりしたとこでした。
釣しない人はこんな所聞いたこともないでしょう。椿と日置川の間です。
隣の市江地区はやり手の船頭が渡船始めてがめつく脚光あびて今やどエライ客数で大繁盛してる。
20年ぶりに駐車場に止めると昔のままガタガタで普通車は絶対底を地面に打ち付けるボロボロのまま
お客さんはビックリの10人ぐらいいてます。昔はだいたい2.3組みで貸切だったが。
若い頃は意識もせんかった船着までの遠さフウフウ言って荷物運び乗船face01
前のおじやん船頭の孫船頭が2人乗り込む、ここで底物師さん作戦開始「底物と上モノ2人出来るとこお願いします」
昨日に電話でもその趣旨を告げていたみたいなので話が早い。
ロンゲ色白ヤングマン船頭たちなにやらゴソゴソ相談「カニ島へ行ってよ」
またもや作戦成功face02ここはカニか大島が1級磯だ。
2人してほくそ笑み上モノと石鯛竿を並べたのでありました。


朝の儀式も済ませ


まだまだエサ取りは多かったですがボツボツとグレが釣れ 美味しい外道オマケのでっかいイサギとカスミアジも釣れ
楽しい1日を過ごせました。安全かつ楽しくが1番のモットーの大人の遠足、次は何処へicon09
  


Posted by ★★★BODYKISS★★★ at 17:18Comments(2)釣り

2012年11月01日

★南紀すさみのグレと石鯛釣り

一部画像は底物師O木さんのブログより拝借しましたhttp://blogs.yahoo.co.jp/hiroomasaki215

10月30日職場の釣りとも底物師のO木さんと周参見の赤木渡船に行きました
ik_34 途中白浜のフルカワでオキアミ生4.5kとボイル1.5k購入。
ここはメジャーな釣太郎より少し安いので最近お気に入りface02
集魚材と氷は釣太郎で買い持参の紀州釣りのヌカも生3kに混ぜる。
残りは手でそのままパラパラと磯際に撒く作戦icon21
O木さんは前半底物狙いでウニ20個購入 後半はグレ用にボイル3kと集魚材購入
結構イガミ狙いグレ底物と入り乱れエサ屋も大繁盛している。
渡船到着も「今日は弁当ないから どこぞで買うて来て」とのこと
慌てて近くの地元コンビニに急ぐがレジには老人が こっちは焦ってるのだが案の定メチャスローモーで少しイラっと
乗船場に向かうがここは初めてで港で迷子にface08
どうにか間に合い船に滑り込みセーフik_72
船頭が迎えてくれ「底物と上モノ」と伝えると「一番につけるから前に乗って」とのこと
いったいどこに行くのかと思い「最初にどこに行くの」「カツオ」
え^^ーカツオはすさみでも一番人気の名礁でよほどの幸運か人を押しのける強引がないと乗れない磯
私もよその渡船で何回も行ってるが乗れた試しがない人気磯に初めて訪れた渡船でイケルとは大ラッキーik_40


















私は南向きの沖側から底物師さんは南向き中央から35mに遠投。
集魚材入り撒餌を遠投、磯キワに生とボイルを手でパラパラと撒餌。
この時期多少の餌取りは覚悟してたが、チョウチョウ魚とカゴカキが撒餌に群がり水面まで飛び出してくる。
ボイルの音なし撒餌にも敏感に反応し投入2秒でサシエがなくなる状態が続く。
そのうち底ものに当たり軽く前当たりのまま舞い込まず竿を立てると「ん?何か付いてるな」で
つれてきたのが石垣鯛






























上モノはイズスミ、サンコがボツボツであとは餌取りの瞬殺。その後上り潮がきつくなり
2ヒロの完全フカセに尾長30cmが2匹と青物ツムブリがまぐれ当たり
その後も状況は変わらず 納竿間際に一発大物にのされ終了。
やはりこの時期は地方磯からつれだすようでセシマやアジロでは釣れていました。
でも人気磯のカツオに行けたので大満足の1日でした。
  


Posted by ★★★BODYKISS★★★ at 13:31Comments(2)釣り

2012年10月14日

マーリナ大波止のタチウオとカゴ釣り

本日は趣味の投稿でファッション関係全く出てきませんのであしからず
先日太刀魚と昼釣りでアジやカツオ、アイ、グレチヌなど色んな魚が釣れまくってるらしいマリーナに行きました。
色んな釣具屋のネット情報ではタチウオ一人10匹は堅いとか、カゴ釣りでは魚種豊富に楽しめるとのことface01
普段はカゴ釣りも全くしないし、タチウオも滅多に行かないのですが、職場関係の方と行くことに
単身赴任のその人は休み毎にキスやハゼなどに行くみたいなのですがウキ釣りをやったことがなくicon10
道具選びから仕掛けの説明までしてAM2時に丸西本店集合ik_34
さしえさにオキアミSとサシアミ、撒餌にアミエビと集魚材、キビナゴ購入し出発icon14
マリーナの信号でなんとバリケードik_41で封鎖されているではありませんかface07
「聞いてないよ~ik_85
でも交差点のPホテルのロビーを通り抜け少し逆走して駐車場到着 夜に雨降ってたので人は少なめ
滅多と来ないのと暗いので空いた場所に2人で入る
道具を出そうと思ったら隣の釣り人からラジオの大音量が響くik_00
「なんじゃこいつら アホかボケかカスやろ」と思ったが、もう動くのもしんどいので我慢することにface10
どこの釣り場にも一人はおるんですこういうマヌケが、北港公園にもラジオ野郎が
ホンマに信じれんぐらいの音量ですik_06
夜中の海では四方八方に鳴り響いてます。どういう神経してるのかヽ(;▽;)ノみたいですが暗くて見えません。
魚にも聞こえてると思いますし、周りにめっちゃ迷惑野郎です。海に放り込みたかったのですが。
今日の相方は温厚な方なので放り込みは我慢。 仕方ないので聞こえるぐらいの声で「ほんまやかましわ カス野郎やな」
って言ってやりましたが反応なかったです。明るくなって見たら60ぐらいのオッサンと息子らしき馬鹿でした。
もうちょっと若かったら海に押し込んでたでしょうik_38

太刀魚まぐれで1匹釣れました。情報とはかけ離れ周りも全然釣れず夜が明けましたik_85
昼釣りに仕掛けチェンジ 天秤カゴ釣りに ハリス2合の2本針仕掛けを遠投する
隣を見ると相方の竿先がガタガタ堤防を叩いているik_20
「引いてるで」 「ウキ見てなかった」 魚食いつき竿まで引張ってたようだ。
あがったのは30cmぐらいのチヌ。 良かった相方が釣れてくれたicon22
 
今度は左隣に入った老人の会話が聞こえてくる「ボラ来てるけどそっちは来てないか」 「いやこっちは来てないで」
このやりとり20回ぐらい聞こえてくる。ほんま年とると同じこと繰り返すとはこのことかと笑えるik_40
周りもカゴや投げサビキの人ばかりだが全く釣れてない。
そのうち投げサビキの竿を2本出す人も 青物は回遊なかったたら誰も釣れないことも知らないらしい。
その代わり回遊したら誰でも釣れる。 こういう人たちは混んだ釣り場でもラジオは流すし竿も2本出すのだろうなicon08
そしていつか誰かとトラブルになって痛い目合うまで自分の馬鹿さがわからんままなんだろうな。
その後アイ2匹釣って終了。相方はヘダイをいっぱい釣りました。めでたしめでたしik_94  


Posted by ★★★BODYKISS★★★ at 19:56Comments(2)釣り

2012年06月27日

★沖磯の夜釣りモンスター瞬殺

今日は本題から大きくそれまして 釣り紀行です
前から気になってた磯の夜釣り昨日行ってきました。ik_34
今回はいつもお世話になっている日置の三倉渡船にミク友のおきさんと職場の釣りきち三平さんが同行。
時間はPM3時から11時までなので4時間ずつ昼、夜つりが出来てこれからという時に帰らねばいけない夕方の
ゴールデンタイムも釣り可能で期待感が高まります。
出港時船頭から希望の平八が波駆け上がりダメとのこと。ちょっとがっかりしたが日置大島も好ポイントなので
渡ることに。 
三平さんは底物師なので明るいうちはウニでの石鯛狙い。初めての場所だが船頭のアドバイスどおり20m遠投し
当たりを待つ。私とおきさんはグレ狙いで沖向き先端に釣り座を構える。
前線からのうねりで大きなサラシができいい雰囲気だ。エサはボイルのみサバなどの厄介なエサとりはない。
サラシに撒餌をまきサラシにエサを入れる高水温時の常套作戦に出た。やはりサラシの中にグレはたくさんいるようだ。
20cmぐらいの干物サイズが入れ食いになる。ましなサイズを一夜干し用にキープ(これが酒のあてにうまいんです)
そのうち三平さんが石鯛竿をしならせている。「おー本命か」ぽっかり本石鯛50cm級が横たわるぶりあげようとした瞬間針ハズレ 残念face08
大きいサイズでないまま日没「勝負はこれからと言い聞かせ」仕掛けを夜釣りようにチェンジ
ハリス3号にし上カゴ仕掛けのカゴフカセの2本針で欲張り仕掛け。今はあまりやってない釣り方だがフカセで遠投ができ撒餌も
ピンポイントに入る合理的な仕掛け。浮きとカゴが一体化して着水同時にカゴが反転し撒餌を出すのだ。
沖の浅めのたなをねらうのにバッチリ。通常のカゴ仕掛けのような重いオモリも大きい浮きも使用しないのでフカセ感覚です。
すぐに電気浮きが消し込み中型グレを2匹ゲット。やはりこれは必殺仕掛けか!?
8時を過ぎアタリが止まる。そのとき三平さんの悲鳴「玉貸して~~face08」竿が海面に「竿落としたんかあー」みるみるうちにライトに照らされた竿は沖に流れていく
「あーあああー」三平さんの悲鳴が落胆に。聞くと「アタリがあって竿を持ち替えるときモンスターに引っ張り込まれたらしい。
たぶんタマミかコロの大型。がま竿とアブリールは暗闇に消えていきました。そのあと私の道具で40cmのグレを釣ったのはさすが。ちなみにハリスは6号使用。
その後ヘダイ40cm50cm追加し終了しました。



ソノあと私にもモンスター襲来で3回秒殺。これを狙うには最低ハリス6号はいると確信。狙いのイサギは坊主で残念。河口の釣り場なのでまだ水潮がきつかったのかも。ちなみにおきさんは沈黙でした。  

Posted by ★★★BODYKISS★★★ at 17:07Comments(0)釣り

2012年05月24日

★田の浦で紀州釣り!天敵サビキじじい


22日に予定していた南紀のグレ釣りが悪天候で中止になり、モヤモヤして23日の午後gから田ノ浦漁港にチヌ狙いにお茶を濁しに行きましたicon01
ここは駐車料金¥500入るので家内に送ってもらいました。ヌカは自作で途中、いつも丸西本店買うのですが、今日は行き道にある水軒のエサ屋でオキアミ豆腐半分とアミエビ¥180購入。愛想も糞もないババア「商売なんやからもうちょっとなんとかせい」思いながら、その昔暴走族のサーキットコースを田ノ浦に向かう。
埋め立て波止にコロコロひいて到着(昔は安物のコロコロがヌカの重みでよく壊れたもんです)
表に回ると結構な人がいます。挨拶して間に入れてもらう。サビキ飛ばしのおいやんが多い。朝から全く釣れんみたいだ。
夜明けからサビキで全く当たりなしでようやるな。ワテならサビキは5分であきるのに。
それでも潮が悪いやら波がなさ過ぎるやら針が大きやらで賑やかだ。「そんなもん魚おったら誰でも釣れるしおらんかったらだれも釣れんよ}言いたいとこだが喧嘩になっても嫌なので我慢我慢face10

そのうち5cmほどのイワシがつれて大騒ぎ。ワテの横に他のサビキおじさんを呼んで「ここへはいれここが釣れるぞ」と
言い出した。その声につられておじさん3人登場。ワテは撒餌投入してるのにしぶしぶ移動スルはめに。
ここはサビキ優先かと声なき声を上げ、泣き寝入り。これやからこういう場所は嫌いだ。
まあそれぞれ好みもあるので仕方ないが5cm程の魚を必死こいて大人が釣るもんでないと思うのだがface03
しばらくしてヌカがききだしボラ君登場。なんとかタモ入れしようとした瞬間、手からするりとタモが抜け海中へ
まあ浮くやろと思いきやあっという間に海中へ。「あーあっと生まれて初めてタマ落としてもたわ」
この玉も20年前に5000円ほどで買ったやつもう充分使ったからまーええかと諦め気を取り直し続行ik_74
潮もあげだし30cmと35cmを釣り6時半終了。この日は風もなく流れもあまりなく釣りやすかったのですが、
食いは渋く少し玉浮きが沈む当たりで引き込む当たりはボラでした。
しかし朝は人でいっぱいとのことでしかもサビキばかり 人の少ないノビノビ自分の釣りができる釣り場はないのかなあと
思ってしまうトムでした。  

Posted by ★★★BODYKISS★★★ at 17:06Comments(0)釣り

2012年04月30日

★和歌浦釣り大会結果報告 トホホのホ★




昨日は和歌浦紀北紀州釣り大会でした。総勢20数名が新和歌浦一帯でチヌ一匹長寸を競いました。
この一帯は昔からチヌの濃いところで春はボケのブッコミで人気の釣り場でしたが、最近はめっきり減り
勺による遠投紀州釣りがメインとなりました、えさを包んだヌカ団子を柄杓で20mぐらいなげるのです。
これはなかな技術がいりマニアックなものです。特に風の強いはハリスが竿に絡みめちゃやりにくくなります。

さて片男波の波止の外向きに釣り座を取り10時ごろまでは微風でガシラ、ベラ、フグなどのエサ取りに苦戦しながらなんとか釣りになったのですが、
案の定晴れの時に必ず吹く海風西風が吹き始めface04、それに加え潮は動かずface07、生体反応なくなりicon15
肩、腰痛であきらめムードik_85。情報によると全員ボウズとのこと。それなら1匹釣れば優勝確定かということで
4時の終了まで粘るが昼から全くのアタリもなしで降参しましたik_00

受付に行くとなんと3時ごろに45cm釣られた人がいてびっくり(丸西さんのブログに写真出てましたhttp://marunishityouka.ikora.tv/e755296.html、)他の人全員坊主の中やる人はやりますね。
その人曰く「何をしてもダメなのですぐ際にダンゴ投げ込み当たり一発」とのこと。
あれだけ皆遠投したのはなんだったのか! 丸西さんから協賛の賞品と賞金独り占めでしたik_04
あーうらやましい。 やはり事前情報とおりチヌは海南に足止めみたいでした。
トホホノホの1日でした。  トム親父  

Posted by ★★★BODYKISS★★★ at 14:02Comments(1)釣り

2012年04月28日

★明日は釣り大会だ★




明日は和歌浦漁港一帯で紀北釣り大会がありますik_44。これは紀州釣りでのチヌ1匹長寸を競うものです。丸西釣具店の協賛もあり、ik_04賞金賞品も出ます。
和歌浦で紀州釣りを楽しむ有志、猛者が主催です。片男波、新波止、漁港波止と色々釣り場があり、気候のよい
今日曜日などは家族連れで遠方からも来てバーベキューなどしながら皆さん楽しんでおられます。
現在はサビキも釣果もないので人もあまり出てないと思います。釣りの全く知らない素人の大人ik_56が子供連れで来て
サビキで「全然釣れへんなあ」っと困ってたり憤慨したりしてる光景も見ます。
サビキ釣りは回遊魚狙いなので釣れんときは全く釣れませんが、それを知らない人はいつもめちゃ釣れると思ってくるみたいです。情報は大切なので回遊してる時に来て欲しいものです。

さてチヌの釣果ですが今和歌浦では1日で1匹釣れるか釣れないかのこと、がっかりです。
先日マリーナの大波止に偵察に行ったのですが、平均3,4匹釣ってたのに(なんで?)
情報によると現在海南発電所が再開され温排水が排出で海南一帯は乗っ込みチヌは絶好調とのこと。
それが和歌浦まで来てくれたらいいんですが。エサもボケ使用してるみたいですが、高いのでオキアミのみで
勝負するつもりですik_70。それではあす結果報告させていただきます。  

Posted by ★★★BODYKISS★★★ at 15:52Comments(0)釣り